高齢者で事故のリスクを下げるために運転免許の自主返納は選択肢の1つ

高齢者が運転免許の自主返納をするメリットとは?

運転免許の自主返納手続の流れ

運転免許の自主返納をする場合、受付時間内に住民票のある管轄の運転免許センター若しくは警察署に行き、手続きをする旨伝えましょう。そのうえで、運転免許取消申請書に必要事項を記載します。その後、必要であれば運転経歴証明書を受け取り、一通りの手続きは完了となります。

運転免許の自主返納は本人が行くのが前提ですが、要介護者をはじめ正当な理由により行けない場合があります。その際は、三親等までの親族などが代行手続きが可能です。様々な資料が必要となるので、予め準備しておきましょう。

なお、車を所有しているなら売却手続き、自動車保険加入者であれば解約手続きをしましょう。特に自動車保険で年契約をしているなら、契約満了でなければ返戻金が得られます。車の売却も少しでも早いと査定金額が増します。また、新年度の自動車税が掛かる前に売却をすれば、それも発生しません。各種情報として押さえておくと良いでしょう。

様々な特典を得られる

高齢者が運転免許の自主返納をすれば、各自治体や企業から様々な特典を得られます。賢く活用すれば、車無しの生活でもデメリットは少ないかもしれません。

自治体であれば、公共施設の利用料金の割引や無料になるサービスを受けられたり、公共交通機関やタクシー利用時に使える金券も得られます。その他、金融機関であれば定期預金の金利上乗せをしてもらえる場合があります。その他、宿泊施設や飲食店の割引利用や温泉施設の入浴料などが割引料金で利用可能です。また、大手企業も運転免許の自主返納をした高齢者を対象に、様々な特典を提供しています。

高齢者になれば運転をすると様々なリスクが出やすくなるので、行政や企業が様々な施策を通じて運転免許の自主返納を推奨しているのが伺えます。少しでも気になる箇所があるなら、1つの参考にしてください。


この記事をシェアする